お隣さんとのプライバシー保護に目隠しフェンス

ライバシー保護に有効な目隠しフェンスを紹介します

自分のプライバシー保護のための目隠しフェンスの魅力

これから家を建てようと考えた時、気になる点の一つが、お隣さんとの距離、周囲からの視線だと思います。快適な住まいを作るには、内装だけでなく外構も大切になってきます。都市部の住宅街は1軒1軒の敷地が狭いため、お隣さんとの距離が近い家が多数あります。目隠しフェンスがあれば、周囲からの視線を気にすることなく生活がおくれます。お隣さんと距離が近い場合はお互いのプライバシーを保つためにも有効になります。また、防犯や遮音などの効果もあります。そして、風を防ぐ効果もあるので、高台の家、風が強い地域にはその効果を発揮します。何より人通りの多い道路に面した場所に家を建てた場合、ドアや窓は目隠しフェンスがあれば気にせずに開けることができるので、プライバシーが守られ、くつろぐことが出来ます。

目隠しフェンスを選ぶ際のポイント

周囲からの視線を遮る目隠しフェンスを設置する場所は、玄関、リビング、庭、お風呂場、お隣さんとの境界など様々な場所があります。目隠しする場所や理由などを明確にすることで、適切な目隠しの方法、目隠しフェンスのデザイン、商品のコストを考えることができます。目隠しを行う場合、敷地内の状況も重要なポイントとなります。特に大切となってくるのが高低差です。お隣との高低差、道路との高低差、目隠しをしたい場所と、外から見える場所との関係性を確認するようにします。大人の目線を遮るのに適した高さのフェンスを選ぶことが重要です。また、目隠しフェンスはプライバシーばかりでなく、住居自体を守る働きもあるので、耐久性に注目し、材質を選ぶのも重要なポイントとなります。目隠しフェンスが弱いと災害が起きた際に、二次被害を引き起こしてしまうこととなります。

プライバシー確保に役立つ目隠しフェンスの種類

目隠しフェンスの種類は用途によって様々なものがあります。素材自体が軽く耐久性がある、アルミ素材。重厚な質感と品質の鋳物。やわらかい印象を与えてくれる木製。昨今は人工のものが多く出回っています。非常に背の高いフェンスもあります。完全にプライバシーの空間を確保出来ます。ただ、背の高いフェンスを立てるときはお隣さんへの光が遮られないように注意が必要となってきます。フェンスを立てる際は、事前に自分の家の敷地がどこまでなのか、お隣さんへの迷惑にならないかを考えて立てるようにしなければなりません。フェンスの種類はたくさんあり、住宅の立地や環境、住宅のデザインなど、目的に合ったフェンスを選ぶことで快適な空間を作ることが出来ます。フェンスの印象で家の印象が変わる場合もあるので、フェンス選びは慎重にしましょう。