お隣さんとのプライバシー保護に目隠しフェンス

ライバシー保護に有効な目隠しフェンスを紹介します

プライバシー保護に目隠しフェンスを使うメリット

セミオープン外構やオープン外構など、敷地の外と内をはっきりと区別をしない外構が人気となっています。開放的な外構はお隣とのプライバシー保護が気になるため、フェンスなどを使った目隠しが必要となるケースが多く出てきています。目隠しフェンスも種類が増えており、エクステリアとしてのメリットもあります。ではフェンスと塀ではどこが違うのでしょうか。それはエクステリアとしての塀は敷地の外と中を分ける役割となります。そのため設置する場所によっては、目隠し効果がない場合もあります。ですが目隠しフェンスは敷地の外で、見られたくない部分にピンポイントで設置が可能です。お隣との距離が近く互いのプライバシーを守るため設置が必要な時は、狭い場所にも設置が可能な目隠しフェンスがとても効果的なのです。さらに塀の場合は、敷地の周囲を囲む必要がありますが、目隠しフェンスなら一部分だけの設置でも違和感がありません。

豊富な種類がある目隠しフェンス

設置場所によって素材を変えることにより、より圧迫感を与えずに生活が可能となるメリットがあります。リビングや浴室の前に目隠しフェンスを設置する人も多くいますが、この場所に設置する際は、明るい色で樹脂製の目隠しフェンスを選ぶことで圧迫感が少なくなります。また高さを変えることもできるため、窓の一部分だけを隠すことも可能です。開放的な庭はとても憧れますが、やはり他人の目が気になります。そんな時はアルミや天然木がおすすめです。天然木は高級感が出るため、外構が豪華に見えるという付加価値も付きます。さらに細かい格子状のラティスフェンスを設置すれば、植木鉢をかけたり、植物を絡ませたりなどガーデニングを楽しむこともできるのです。隣家との距離が近く、お隣とのプライバシーが気になる時は、ポリカーボネート素材やアルミの目隠しフェンスをすれば、軽いため圧迫感が少なくなります。明るい色を選べば採光も問題ありません。

プライバシー保護のためには目隠しフェンスが効果的です

目隠しフェンスにはいくつかのメリットがあります。まず周りの目を気にせずに生活ができるため、窓やカーテンを開けて外の空気を家の中へ取り込むことが可能です。開放的な暮らしにはとても憧れます。さらに今、白い横張の樹脂フェンスが人気です。こちらを設置することで雑貨屋さんのような、可愛らしくオシャレな雰囲気を作ることができるため雑貨が大好きな主婦の方や若い女性から高い支持を得ています。さらに目隠しフェンスを設置することで、庭のプライベート性がアップし、庭でお昼寝やバーベキュー、食事などを楽しむことができます。自分の庭で好きなだけリラックスできるようになります。さらに目隠しフェンスにハンギングバスケットを掛ければ、ガーデニングスペースに早変わりします。目の高さに植物や花が見えるため、部屋の中から見ても華やかなお庭を楽しむことができ、生活に潤いがでるのです。