お隣さんとのプライバシー保護に目隠しフェンス

ライバシー保護に有効な目隠しフェンスを紹介します

もっと相手から見えないようにする目隠しフェンスのコツ

近年、ご近所トラブルが多くなってきています。家を建てる際には気づかなかった隣との距離、道路からの目線が気になることもあります。そんな時には目隠しフェンスを施すことをおすすめします。目隠しフェンスを付ける際のコツとして覚えておくことを紹介します。まずは高さです。道路からの目線が気になるなら道路側から見てどこまでが目線の高さになるかを確認します。ほとんどの住宅では道路より、家の方が高いことが多いのであまり高くしなくても視線を遮ることができます。お隣との目線が気になる場合、どこを隠したいかで高さも変わってきますのでその部屋ごとに測って購入することをお勧めします。高さが決まれば後はお気に入りの目隠しフェンスを購入して工事を依頼するか自分で出来る場合は取り付けてみましょう。

おしゃれな目隠しフェンスを見つける

プライバシー保護の為に取り付けようと思った目隠しフェンスでも、家に合ったもの、更にはおしゃれで見栄えが良い物だと取り付けた後、くつろげる空間として楽しむことが出来ます。おしゃれな目隠しフェンスの種類は沢山あります。マイティウッドは長期使用しても腐敗することが無い樹脂製のフェンスです。手ごろな価格でカラーも豊富にありますので自分の家に合った物が探しやすいです。ラティスフェンスは和風の庭に合う、自然な風合いのフェンスです。アルミ製のシンプルなフェンスも取り付けた後自分で色々とコーディネートできるところが魅力です。価格も安価で好まれます。それ以外にもつる植物に適したフェンスや竹を使ったフェンス、いわゆる竹垣などもあります。目隠しというからには当然、外からフェンスの存在が分かるわけですからおしゃれで素敵なものを取り付けたいですね。

今、話題のDYIで目隠しフェンスを作ってみる

女子の間でも流行っているDIYで目隠しフェンスを自分で一から作るという人も多いようです。意外と、主婦の方なども積極的にホームセンターなどで工具を購入して行っているようです。いきなり高度な物は作れませんが簡易的な目隠しフェンスなら出来そうです。DIYでフェンスを作る場合、最も大事なことは基礎作りです。フェンスは外に設置するものですので風で倒れたりしないように、しっかりと基礎を作っておく必要があります。基礎が出来れば後は意外と手間ではありません。自分が作りたいフェンスの素材を購入してきて基礎を作ったところに支柱を建てて固めます。この後は横木を支柱に打ち込むだけなので基礎作りの段階と比べれば比較的、簡単に作れます。横木は自分で塗装などして好みの色合いにすると家の雰囲気にも合ってきます。まだDIYをやったことが無い人もこれを機に始めてみるのもいいかもしれません。