お隣さんとのプライバシー保護に目隠しフェンス

ライバシー保護に有効な目隠しフェンスを紹介します

目隠しフェンスのルールと注意点

目隠しフェンスとは、背が高く、外からの視線をさえぎることを目的としたフェンスです。一般的なフェンスというのは、ブロック塀の上部にフェンスを設置し、敷地と敷地との間を表示する目的で設置されたものになります。高さは約1メートルほどです。目隠しフェンスは、構造上、ブロック塀なしで直接設置されることが多く、高さは2メートル前後がポピュラーです。目隠しフェンスを設置することで、周囲の気になる目線から解放され、自宅の庭がくつろげて活用できる生活空間に変わります。しかし、目隠しフェンスを設置することで、視界が遮られてしまうため、圧迫感や庭が狭く感じでしまったりすることもあります。フェンスの高さ、種類、カラー、素材等、ご自分の好みと目的にあったフェンスを選ぶことをお勧めします。プランナーさん等に相談することも一つの案になります。

目隠しフェンスの選びのポイント

道路からの目隠し、玄関前の目隠し、リビング前の目隠し等、目隠しフェンスは用途によって様々な種類があります。道路からの目隠しには建物を引き立てるようなものを、玄関前の目隠しには家の中を見られないよう視線をさえぎるようなものを、リビング前の目隠しには、庭のイメージをしっかりと持って考えることが大切です。いずれにしても、プライバシーをしっかりと確保できることが一番大切です。そもそもの目隠しフェンスの目的は、他からの視線をカットすることです。しかし、ただカットするだけで面白くありません。せっかく設置するのであれば、家のデザインにあったものを、そしてフェンスを設置したことで風通しが悪くなってしまっては残念なので、通気性も考える必要があります。また、自然光を取り入れることも忘れずに考える必要があります。

目隠しフェンスで気をつけたいこと

目隠しフェンスを設置する際、気をつけたいことがあります。一つ目は、隣家との境界線です。設置した後で、簡単に移動することができるものではありません。事前に境界杭を確認することが必要です。二つ目は、フェンスを設置したことにより、隣家に日が入らなくなってしまうことです。事前に隣家の方に話をし、どの程度ならば問題ないかを確認する必要があります。三つ目は、隣家との共有フェンスとして設置する場合、裏表のあるフェンスを選ばないようにすることです。フェンスにも裏表があるものがあります。共有フェンスなのに、隣家側に裏面となってしまってはトラブルになってしまいます。裏表のないデザインを選ぶ必要があります。いずれにせよ、せっかく目隠しフェンスを設置したのに、それが原因で隣家とのトラブルが起きてしまっては元も子もありません。設置するまえに、きちんと調査、計画を立てることが必要になります。

樹脂部品の生産、組立、梱包、出荷をすべて国内自社工場で一括管理しています。 会員登録すればその場で使えるお得なクーポンが獲得できます。 ヤフーショップ、楽天市場で約10年運営しています。 商品は三重県いなべ市にある自社工場にて一つ一つ丁寧に生産しております。 ぽんと置くだけのものから本格的なDIYで施工を楽しめるタイプまで、100種類を超えるラインナップを実現しました。 簡単設置の目隠しフェンスはコチラ!